骨盤矯正は産後に効果があるのか

産後に骨盤矯正をすると、産後に起こりがちなトラブルを防止する効果があります。

産後に起こりがちばトラブルとは尿漏れ、便秘、腰痛、むくみです。

妊娠中はリラキシンというホルモンによりママの体は赤ちゃんを産みやすいように骨盤が緩むので、これら産後におこるトラブルを防ぐためには骨盤矯正は欠かすことはできません。

 

このブログでは、産後の骨盤矯正について、

  • 骨盤矯正は産後に効果がある理由
  • 産後におすすめの骨盤矯正方法
  • 産後いつからいつまでするべきか

これらをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

骨盤矯正は産後に効果がある理由

出産時に最大限に開いた骨盤は産後少しずつ元に戻りますが、戻る速さには個人差があります。

骨盤が戻る速さには個人差があるので、骨盤を本来の位置に1日でもはやく戻すために骨盤矯正は必須です。

骨盤矯正をすることで、冒頭で挙げた産後に起こりがちなトラブルを防ぐことができますからね。

 

また産後に骨盤矯正をする方法は、

  • 骨盤ショーツ
  • 骨盤ベルト
  • 整体に通う

これらの方法がありますが、私は骨盤ベルトでも整体に通うのではなく骨盤ショーツを履くことをおすすめします。

産後に骨盤矯正をするならベルトや整体ではなく骨盤ショーツがおすすめ

産後の骨盤ケアに骨盤ショーツをおすすめする理由は、毎日履く下着の上から履くだけなので手間がかからないからです。

毎日履く下着の上から履くだけなら骨盤ベルトでも同じようなものと思われるかもしれませんが、そうではありません。

骨盤ベルト(トコちゃんベルトなど)は着用したことがある方なら分かると思いますが、とにかくズレます。

 

一方骨盤ショーツならズレることはないので、骨盤ベルトのように直す手間がなくストレスフリーで骨盤矯正をすることができるのです。

「何だズレるだけか・・・」と思われるかもしれませんが、毎日着用するものが動くたびにズレるのは、かなりのストレスになります。

また整体と骨盤ショーツを比べると骨盤ショーツなら毎日履くだけなので、整体のように行く時間や行くたびに料金がかかることはありません。

整体のように行く時間や行くたびに料金はかからないので、コスパ面から考えると断然、産後の骨盤ケアをするなら骨盤ショーツです。

骨盤矯正の効果を実感するなら産後いつからいつまでやるべきか

産後に骨盤矯正をするなら、赤ちゃんを産んでから直ぐにやることをおすすめします。

その理由は産後に起こりがちなトラブルを避けられるからです。

ただいくら赤ちゃんを産んでから直ぐといっても、産後のママの体力はかなり落ちているので、産後体調が悪いときは回復してから骨盤矯正をするようにしていきましょう。

 

また骨盤矯正は「ここまでやったらもう辞めていいよ」という明確な基準はないですし、骨盤ショーツ、骨盤ベルト、整体のどれを選択したとしても直ぐに効果がでるわけではないので、少なくても2ヶ月以上は継続して自身の体調の変化を感じてみてください。