骨盤矯正ストレッチを効果的にやる前に覚えておきたいこと

あなたが骨盤矯正ストレッチをやる目的は、骨盤の歪みを改善することですよね?

骨盤の歪みは日常生活の何気ない動作が原因で発生します。

日常生活の何気ない動作の例を挙げると、

  1. 脚を組んで座る
  2. 同じ方向を向いて寝る
  3. カバンをいつも同じ肩にかける
  4. ヒールの高い靴を履く
  5. スマホを見すぎて背中が丸まる
  6. 椅子に浅く腰掛ける

この6つになり骨盤矯正ストレッチをして骨盤の歪みを改善するなら、まずは日常生活の何気ない動作に注意していきましょう。

 

日常生活の何気ない動作に注意することを念頭に、この記事を読むことで、

  • 骨盤矯正ストレッチに効果があるのか
  • 自分で寝ながらできる骨盤矯正ストレッチのやり方

これらが分かりますので、是非参考にしてください。

効果的なストレットは骨盤矯正に効果がある?

骨盤矯正ストレッチは骨盤の歪みを改善するのに効果的です。

骨盤の歪みはふだんの何気ない動作、出産後に骨盤ケアしなかったことが原因で発生します。

骨盤矯正ストレッチをすることで、骨盤を本来あるべき場所に戻すことができるので、骨盤矯正にストレッチは効果があるのです。

 

そもそも骨盤矯正は整体や接骨院にいかなくても、一人ですることができます。

整体や接骨院では一人では実施できない部位を施術してくれることがメリットですが、骨盤を本来の位置に戻すのに即効性のある方法はありません。

即効性のある方法はないですし、骨盤ストレッチならお風呂上がりや寝るまえに自分一人ですることができるので手間をかけることなく骨盤矯正することができるのです。

自分で寝ならできる骨盤矯正ストレッチ効果的なやり方

自分で出来る骨盤矯正ストレッチの効果的なやり方をご紹介します。

  1. うつ伏せになり片足の膝を曲げる→曲げた足の甲を手でつかみ、息を吐きつつお尻に引き寄せる→痛いと思う手前で30秒キープ→反対側の足と交互に3回繰り返す
  2. 両足を揃えて立つ→片足を一歩前にやり、つま先をあげる→太ももの裏が伸びるのを意識して息を吐きながら腰を軽く曲げて体を床に沈めて30秒キープ→反対側の足と交互に3回繰り返す
  3. 足裏を合わせて座る→両手を前に伸ばし、腰に体重をかけながら前に倒して痛いと思う手前で30秒キープ

 

骨盤矯正ストレッチやっても、すぐに骨盤矯正できるわけではないので、

  • 30秒キープする
  • 痛いと思う手前で止める
  • 風呂上がりや寝る前にやる習慣をつけて、できるだけ毎日行う

これらを意識してみてください。

骨盤矯正の効果的なストレッチをして自分で歪みを直そう

骨盤矯正ストレッチなら整骨院や整体に通うことなく、自分一人で骨盤矯正をすることができます。

自分一人で骨盤矯正をする方法はストレッチ以外にも、骨盤矯正ショーツを履く方法があるのを知っていますか?

骨盤矯正ショーツは、毎日履く下着の上から履くだけなのでストレッチと同じく手間がかかりません。

 

また夜寝る前に骨盤矯正ストレッチをしつつ、日中の活動時間は骨盤矯正ショーツを履くことで1日中、骨盤矯正することができます。

骨盤矯正ショーツなら仕事や家事で忙しく、運動する時間なくても履くだけで骨盤矯正をサポートしてくれるので、接骨院や整体にかよう必要がありません。

接骨院や整体にかよう時間がなく仕事や家事に忙しい方は、ぜひ骨盤ストレッチをしながら骨盤ショーツも試してみてください。